カレンダの表示形式:Calendar & launcher Pro

2011年04月03日(日)

 

Calendar & launcher Proですが、表示形式として以下の8つの形式が用意されています。

3ヶ月版-1 : 3 months – 1

基本的な表示形式です。
年月が右寄せではなくセンタリングになっている点を除けば、旧版のCalendar & launcherに最も近い表示形式です。

 

3ヶ月版-2 : 3 months – 2

年月が左寄せになっています。
上の基本的な表示形式とのその他の相違点は、1月の例の様にカレンダが6行になる場合の表示の仕方にあります。

 

3ヶ月版-2(スリム) : 3 months – 2 (slim)

横長表示用に用意しました。

 

3ヶ月版-3 : 3 months – 3

年月を縦表示にしたバージョンです。

 

3ヶ月版-3(スリム) : 3 months – 3 (slim)

これも、横長表示用に用意したものです。

 

2ヶ月版-1 : 2 months – 1

「3ヶ月版-1」の2ヶ月バージョンです。

 

2ヶ月版-2 : 2 months – 2

「3ヶ月版-2」の2ヶ月バージョンです。

 

2ヶ月版-3 : 2 months – 3

「3ヶ月版-3」の2ヶ月バージョンです。

Calendar & launcher Pro 1.0.0

2011年04月03日(日)

もう随分と前ですが、Calendar & launcher Proをアンドロイドマーケットで公開しました。

以前公開したCalendar & launcherの後継に当たります。

Proと付いてますが、無料アプリです。

特徴はこんな感じです。

  • 3ヶ月分のカレンダをHOMEに表示します
  • カレンダの外観を様々にカスタマイズできます
  • 3つのカレンダのそれぞれに任意のアプリを対応付けることができます
  • 3つのカレンダをダブルタップすると、カレンダに対応付けたアプリが起動します
  • 3つのカレンダをシングルタップすると表示する月が切り替わります
  • シングルタップとダブルタップを入れ替え可能です
  • 背景として任意の画像を指定出来ます
  • 祝日対応です

 

SiteWatcher 1.0.5

2010年11月24日(水)

SiteWatcherを更新しました。

【変更点(1.0.4)】

  • WEBページのアイコンを取得するようにしました。
  • 指定された文字列を含む行を無視してWEBページを比較するようにしました。
  • デバッグ機能を追加しました。デバッグ機能を有効にすると比較に用いられたHTMLファイルがSDカードに保存されます。

【変更点(1.0.5)】

  • 監視間隔として、6時間、12時間、24時間を選択可能にしました。
  • WEBページにアクセスできなかった場合に通知する機能を追加しました(監視間隔を2時間より長くする場合は、この機能を有効にすることをお勧めします)。

SiteWatcher 1.0.3

2010年10月11日(月)

SiteWatcherを更新しました。

【変更点】

  • WEBページのソースを比較する範囲を指定出来るようにしました。
  • 比較範囲の指定は、WEBページのソースをコピペして行うことができます。

【範囲の指定方法】

  • 先頭の行に含まれる文字列と最後の行に含まれる文字列の両方が空欄の場合は、WEBページのソース全体が比較対象になります。
  • 先頭の行に含まれる文字列にXXXと入力し、最後の行に含まれる文字列にYYYと入力した場合は、XXXという文字列が含まれる最初の行から、それ以降でYYYという文字列が含まれる最初の行までが比較対象になります。
  • 先頭の行に含まれる文字列にXXXと入力し、最後の行に含まれる文字列を空欄とした場合は、XXXという文字列が含まれる最初の行から、WEBページのソースの最後までが比較対象になります。
  • 先頭の行に含まれる文字列を空欄とし、最後の行に含まれる文字列にYYYと入力した場合は、WEBページのソースの先頭から、YYYという文字列が含まれる最初の行までが比較対象になります。

【範囲の指定例】

  • アメブロの場合、先頭の行に含まれる文字列に<div class=”entry_head”>と入力し、最後の行に含まれる文字列に<!–entryBottom–>と入力すれば、最初の記事の部分のみが比較対象になります。

SiteWatcher 1.0.2

2010年09月28日(火)

SiteWatcherを更新しました。

【変更点】

  • <input>、<img>等の特定のタグを無視して更新を確認できるようにしました。

【今後の予定】

  • はてなアンテナの範囲指定についての示唆がコメントにありましたので、対応してみようと思います(やや上級者向けの機能になります)。